HOME

住宅塗装の塗装工房(住まいの塗り替え)

此度は塗装工房のホームページの御訪問頂き有難う御座います。
塗装工房では愛知県・岐阜県・三重県の住宅やアパート・マンションや店舗などの外壁塗装や屋根塗装を行っています。また、雨漏りの調査や修理なども行っていますので、雨漏りで御困りの方もお気軽に御相談下さい。
建物の塗装を御考えの方は是非塗装工房を御利用下さい。

大切な住まいを100年維持しよう

ウエストミンスター寺院の写真(塗装工房)

海外の建造物の耐用年数

日本の住宅耐用年数は25~35年と言われています。それに比べてアメリカでは平均60年、ヨーロッパでは平均75年と云う耐用年数の統計が発表されています。ではこの差は何処から生じているのでしょうか?

日本と欧米諸国との建築技術の差でしょうか?

気候風土の違いでしょうか?

建材や工法の違いからでしょうか?

五重塔の写真

日本の建造物の耐用年数

日本でも木材はしっかりとした保管や管理さえしていれば、伐採された状態から200年以上に亘り強度を増し続ける事は意外と知られていない事実です。※伐採後200年を境に強度は下降線を辿り、徐々に老朽化して約400年後には寿命を迎えます。

では何故、近年の住宅は25年~35年で老朽化のピークを迎えるのでしょう?


1:高断熱・高気密住宅による温度差

湿気や結露による被害

第1の原因は、高断熱・高気密住宅による室内外の温度差から生じる結露と湿気による建物の腐食や劣化です。

室内の温度と屋外に温度差が生じると、結露が発生したり湿気が溜まったりする原因に繋がります。
建物を長期間健全に維持する為には、定期的な換気や除湿が必要です。

エアコンの写真(塗装工房)
夏場の冷房機器
石油ファンヒーターの写真(塗装工房)
冬場の暖房機器

特に下記の時期には影響を受けやすいのです。
・高温多湿状況でのクーラーの使用(6~9月)
・冬に使う暖房設備の使用(12~2月)

以前は内外壁に土壁が使用されていたので、【湿気で膨張した状態の土壁】や【乾燥で収縮した状態の土壁】と接する木材(梁や柱)の表面を空気と接触させる事が可能だった為、木材も自然に呼吸することが出来ました。ところが外装材にモルタルやサイディング材が使用されるようになり、壁内部の通気性が下がり木材が呼吸しにくい環境になってしまいました。
さらにロックウールやグラスウール等の断熱材が使用されることで壁内部に水分を保ちやすい環境が整い、益々住宅木材が腐朽しやすいようになりました。断熱材だけでなくアスベストや有害な化学物質を使用してきた事も住宅寿命低下の原因の1つと言えるのかも知れません。

また、昔の住宅は布基礎やベタ基礎ではなかったので、常に床下は換気されていましたし、室内も障子や襖を開けると容易に空気の入れ替えが可能でした。
床下の防湿や除湿対策として炭を敷いている住宅もありますが、炭は無限に吸湿出来る訳ではありません。定期的に屋外に出して炭の水分を排湿させないと、長期的な除湿効果は期待出来ません。


2:建物内の生活空間に水回り設備

建物内の水回り環境

第2の原因は、建物内に湿気が溜まり易い水回りの設備を持ち込んだ事です。

昔の日本の住宅は住居部分と水回り部分(浴室・台所・洗面所・トイレ)を分けて作られていました。水回りの設備は土間や別棟に作られて、居間や寝室に湿気が及ばないようにしていました。

浴室の写真(塗装工房)
湿気が溜まり易い浴室
トイレの写真(塗装工房)
湿気が溜まり易いトイレ
キッチンの写真(塗装工房)
湿気が溜まり易いキッチン

勿論、現在の水回り設備はユニットバスや水洗トイレになっている事が多いので、湿気や水漏れ対策などは施されています。
しかし、それでもやはり脱衣場には湿気や結露が発生しやすい環境が出来てしまいますし、水洗トイレでも完全な水や尿の飛び散りを防ぐのは困難です。日本と欧米諸国とでは気候風土(特に湿度)が違うのに、欧米の水回り設備の住宅環境を取り入れてきたこと等も原因の1つです。


3:住宅環境の違い

気候風土の違い

第3の原因は住宅環境の違いです。
欧米諸国では日本のよう数十年ごとに巨大地震に遭遇することはありません。また梅雨の時期に、ジメジメした高い湿度になることもありません。台風(ハリケーン)の影響も受けて、降雪の影響も受ける様な地域はあまりありません。
それは定期的な環境への対策と、地震などの災害に対する対策に相反する面があることが挙げられます。
定期的な建物に影響を及ぼすのには下記のような季節が挙げられます。

地震による被害の写真(塗装工房)

地震による住宅の倒壊

日本では、雨や風や雪に耐えるためには、土が葺かれた重い日本瓦が有効です。
しかし、10年から数十年に一度襲う巨大地震に対する対策としては、重い日本瓦ではなく軽いスレート瓦や金属瓦の方が有効です。

住宅の雪害の写真(塗装工房)

住宅が傷みやすい時期

・梅雨の時期(6~7月頃)
・猛暑の時期(7~9月頃)
・台風の時期(9~10月頃)
・降雪の時期(12~2月頃)

そして屋根をスレート瓦にすると、霧除け(サッシの上に設置する小さい屋根)を設置しないデザインにしたり軒天の出幅を狭くしたりすることが多くなり、雨仕舞が悪くなる可能性が出てきてしまいます。
また室内の高さを上げる為に屋根の勾配(角度)を緩く設計すると、屋根に雨水が留まる時間が長くなり雨漏りの可能性を上げてしまいます。


4:住宅の管理方法

ホームインスペクション

最後の原因は住宅管理の方法です。
米国では中古住宅を購入する人の60%程度が、カリフォルニア州においては90%以上の人がホームインスペクション(Home-Inspection/住宅の第三者検査)を利用しています。
訊き慣れない言葉かも知れませんが、これは中古不動産を購入する時に物件の性能や品質を専門の検査機関に調査してもらう制度です。
勿論、中古住宅の購入に限った事ではなく住宅調査(家屋診断)は、瑕疵や劣化が発覚してから行うものでは有りません。

基礎の強度測定の写真(塗装工房)
強度測定
木材の密度測定の写真(塗装工房)
密度調査
住宅の傾き検査の写真(塗装工房)
傾き測定

あくまでも人間同様、定期健診やハウスドック(House-Dock/住宅の定期検査)を受ける必要があるのです。
どんなに素晴しい医者でも、治療をする気がない方や病院に訪れたがらない人の治療は出来ません。人間も住宅も年月が経てば、病気(劣化)や老化(老朽化)は避けられません。
せっかく建てた大切な我が家の寿命を延ばすのは家主の気持ち次第なのです。それが住宅の健康管理が耐用年数の向上に繋がります。

 他にも住宅寿命低下には幾つかの原因が有ります。
自動車の車検は事故や故障を未然に防ぐために、人間の定期健診は病気の早期発見や体調管理の為にある事を思い出して下さい。住宅の定期検査は雨漏れや白蟻被害が発生してから行うものではなく、建物の損傷・劣化の早期発見・早期解決を目指すことで住宅寿命の向上させる為に行うのです。
外壁塗装や屋根塗装をする際には、建物全体の寿命を延ばす為にも住宅の総合的な検査や調査を御勧めします。


塗装工事の価格について・・・

塗装工事の内訳

塗装工事費の内訳をおおまかに分類すると、材料費+人件費+利益で構成されています。
そして利益で、事務費や通信費や交通費や車両費や機材購入費や保険費などを賄います。
昨今のIT化の影響で、どんどん利益が目減りしてしまい、塗装業界も過当な競争を強いられています。

住宅のローラー塗装の写真(塗装工房)

おそらく同じ業界の人でなければ下記のように思われるのではないでしょうか?

「利益を減らして仕事を受注すれば良いのではないか?」
「どの業界も同じような思いをしている。」
「そんな事は注文する側には関係ない。」
「依頼者側は安くて品質が良ければ何の問題もない。」

しかしどんどん利益を減らして仕事を受注すると、事務機器も工事用の車両も新しく出来ませんし、職人の人件費を減らすと、腕のいい技術者が次々と去ってしまします。
それでも『職人を食わせる』為に利益0円でも、塗装工事を受注している業者も存在します。
また受注単価が低すぎる為に、手厚い保険には入らず最小限の保険にせざるを得ない事態に陥っている業者も、多数存在します。

住宅の刷毛塗りの写真(塗装工房)

塗装業者の実情

一般的に企業が大きく成長する為には下記の3点が必要だと言われています。

・独占できる(複占や寡占も含む)
・量産できる(多売も含む)
・再販できる(同じ商品でも違う商品でも可)

塗料メーカーには上記の計画や対策が可能ですし、塗装業者の一括見積りサイトの運営会社では容易にこれが可能です。つまり1件の利益を減らしてでも、その後に十分取り返す事が可能なのです。
しかし住宅の塗装業者は、製造業界のようにオートメーション化することもIT業界のように効率的なソフトウェアをプログラムすることも出来ません。

長柄ローラーの塗装写真(塗装工房)

実際に現場を塗装する職人には効率化を図る事が出来ません。1日に出来る作業に限りがあるからです。また塗装工事は天候にも左右されますし、御施主様の生活スタイルにも考慮が必要なので、計画通りの工事進行や作業の効率的化は難しいと言えます。

立ち上がりの塗装工事写真(塗装工房)

計算通りに進まない現場

例えば塗装工事の最中ににわか雨が降ってくると、作業の中断だけでなく再び塗り直しになる場合もあります。また塗装をした日の夜に結露が発生して塗り直しや補修が必要になる場合もあります。他にも、強風の晴れた日に高圧洗浄すると汚れが隣家に飛散するので、雨の日に高圧洗浄をするように依頼されたが、1週間以上雨が降らないので作業が進められないこともあります。その為、次の工事を受注できないこともあります。

住宅塗装の写真(塗装工房)
住宅塗装工事の写真(塗装工房)

つまり数十万円の工事を受注したにも関わらず、赤字になってしまう事もあるのです。
職人の収入がメーカー勤務の人やプログラマーの半額以下になってしまう事もあります。
それほど昨今の住宅塗装工事の現状は非常に厳しくなってきています。

塗装工房は全国最安値で工事を行っている訳ではありませんが、大切な御住いのメンテナンスの為に全力で頑張りたいと考えています。
屋根や外壁の塗り替えの際には、お気軽に塗装工房まで御相談下さい。


外壁塗装のお問い合わせ先

住宅の外壁塗装や屋根塗装の御困り事なら塗装工房に御任せ下さい。

お問い合わせ先052-231-3595
問い合わせ時間AM9:00~PM6:00(平日)
御相談時間御希望の時間帯に実測や御説明に伺います。
作業時間(工事時間)御要望に合わせて土曜日や日曜日も対応させて頂きます。

住宅塗装の施工地域(愛知県・岐阜県・三重県)

塗装工房では愛知県・岐阜県・三重県に御住いの方を対象にして、外壁塗装工事や屋根塗装工事をおこなっています。お住まいの塗り替え工事を検討中の方が御座いましたら、お気軽に塗装工房まで御相談下さい。

名古屋市の塗装工事の対応地域

名古屋市熱田区名古屋市千種区名古屋市中区名古屋市東区・名古屋市港区・名古屋市北区名古屋市天白区・名古屋市中村区・名古屋市瑞穂区・名古屋市名東区名古屋市昭和区名古屋市中川区名古屋市西区・名古屋市緑区・名古屋市守山区・名古屋市南区

愛知県の塗装工事の対応地域

愛知県愛西市愛知県阿久比町愛知県安城市愛知県犬山市愛知県大治町愛知県尾張旭市愛知県蒲郡市愛知県清須市・愛知県小牧市・愛知県瀬戸市愛知県田原市愛知県津島市・愛知県東郷町・愛知県豊明市・愛知県豊根村・愛知県長久手市・愛知県半田市・愛知県碧南市・愛知県みよし市・愛知県阿久比町・愛知県一宮市愛知県岩倉市愛知県大府市・愛知県春日井市・愛知県刈谷市愛知県幸田町愛知県設楽町愛知県高浜市愛知県知多市愛知県東栄町・愛知県常滑市・愛知県豊川市・愛知県豊橋市・愛知県西尾市・愛知県東浦町・愛知県南知多町・愛知県弥富市・愛知県あま市愛知県稲沢市愛知県大口町愛知県岡崎市愛知県蟹江町愛知県北名古屋市愛知県江南市愛知県新城市・愛知県武豊町・愛知県知立市愛知県東海市愛知県飛島村・愛知県豊田市・愛知県豊山町・愛知県日進市・愛知県扶桑町・愛知県美浜町

岐阜県の塗装工事の対応地域

岐阜県岐阜市岐阜県揖斐川町岐阜県大野町岐阜県笠松町岐阜県北方町・岐阜県下呂市・岐阜県白川町・岐阜県関市・岐阜県垂井町・岐阜県中津川市・岐阜県飛騨市・岐阜県瑞穂市・岐阜県美濃市・岐阜県山県市・岐阜県安八町岐阜県恵那市岐阜県海津市岐阜県可児市岐阜県岐南町岐阜県神戸町・岐阜県白川町・岐阜県高山市・岐阜県土岐市岐阜県羽島市・岐阜県七宗町・岐阜県御嵩町・岐阜県本巣市・岐阜県養老町・岐阜県池田町・岐阜県大垣市・岐阜県各務原市・岐阜県川辺町・岐阜県郡上市・岐阜県坂祝町・岐阜県関ケ原町・岐阜県多治見市・岐阜県富加町・岐阜県白川村・岐阜県瑞浪市・岐阜県美濃加茂市・岐阜県八百津町・岐阜県輪之内町

三重県の塗装工事の対応地域

三重県津市・三重県伊勢市・三重県尾鷲市・三重県木曽岬町・三重県熊野市・三重県菰野町・三重県大紀町・三重県東員町・三重県松阪市・三重県明和町・三重県朝日町三重県いなべ市三重県亀山市・三重県紀宝町・三重県熊野市・三重県志摩市・三重県多気町・三重県鳥羽市・三重県南伊勢町・三重県四日市市・三重県伊賀市・三重県大台町・三重県川越町・三重県紀北町・三重県桑名市三重県鈴鹿市・三重県玉城町・三重県名張市・三重県御浜町・三重県度会町